平成27年度 誠佑記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 11 34 116 234 368 293 77
 当院は、心疾患を中心に、消化器科、血液透析科、内科、外科の診療を行っております。
 各年齢区分別の退院患者数ですが、一般的に高齢になればなるほど医療需要が増加(病気にかかる方が多くなる)することもあり、60歳代以降の区分で8割以上となっています。
 また、比較的高い年齢区分に患者数が偏っていることには当院特有の理由もあります。日本における死因順位をみてみますと、第1位は悪性新生物(全死亡者に占める割合は28.7%)、第2位は心疾患(同15.2%)、第3位は肺炎(同9.4%)(『人口動態統計月報年計(厚生労働省、2015年)』より)となっており、心疾患が第2位となっています。心疾患で亡くなる方が多いということは、その病気に罹っている高齢者が多いということであり、心疾患を中心に診療している当院においても、70歳代以上の方の総数が7割近い患者割合となっております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 45 19.00 14.34 4.44 78.87
 当科では、主に、肺炎や糖尿病、熱中症、脱水などの疾患を診ています。
 当科に入院される患者さんの多くは、肺炎で入院されます。肺炎で入院された場合、平均して19日間入院しており、全国平均の14日からすると長めの入院日数となっております。その一因として、当院では心疾患を基礎疾患として持っている方が多く、肺炎などにより心不全を併発することも少なくないことが挙げられます。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 174 4.86 4.87 0.58 67.56
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 132 3.53 3.07 0.00 70.24
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 102 26.36 18.30 8.57 81.03
 当科では、主に、虚血性心疾患(急性心筋梗塞、狭心症など)、不整脈(心房細動、上室頻拍、洞不全症候群、房室ブロックなど)、心臓弁膜症(僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症・閉鎖不全症など)、それらに関連する心不全などの診療を行っています。虚血性心疾患に対するカテーテル治療件数と徐脈性不整脈に対するペースメーカー治療件数は、和歌山県下では1,2番の治療成績を残すとともに、和歌山県では限られた施設でしか行われていない、不整脈に対するカテーテル治療(アブレーション治療)を実施しています。また、当院では心臓血管外科を併設し、内科と外科の両面から患者さんに最も適切な治療を選択できる体制をしいて、治療にあたっています。
 平成27年度の各DPCコード別にみた上位3つについては、狭心症に対するカテーテル治療が最も多く、次に、同じく狭心症に対する検査入院が多く、3つめに心不全に対する内科的治療となっています。狭心症に対するカテーテル検査・治療については、クリニカルパス(患者状態と診療行為の目標、および評価・記録を含む標準診療計画であり、標準からの偏位を分析することで医療の質を改善する手法、以下「パス」)を導入しており、合理的で質の高い診療を目指すとともに、パスを導入することによって、患者さんも自身の治療の流れがわかりやすくなり、コンプライアンス(説明責任)の向上にも役立っています。また、そうした取り組みにより、全国の平均在院日数以上、またはそれに近い平均在院日数(患者さんの平均的な入院期間)を実現しています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0111xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 1,2あり 手術・処置等2 1あり 12 31.25 28.59 0.00 65.25
 当科では、虚血性心疾患(急性心筋梗塞、狭心症など)に対する冠動脈バイパス術、心臓弁膜症(僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症・閉鎖不全症など)に対する弁置換(形成)術、動脈瘤・閉塞症(胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、下肢閉塞性動脈硬化症、ルリッシュ症候群など)に対する人工血管置換術などの外科的手術を行っています。
 当項目は、各DPCコードでの集計となっているので、10件に満たないDPCコードは省かれ、狭心症に対する冠動脈バイパス術のみの掲載となっています。具体的に、どういった治療がなされたDPCコードかという、狭心症で入院し、カテーテル検査を実施すると、冠動脈(心臓に酸素を豊富に含んだ血液を供給する動脈)の主幹となる大事な場所が詰まっていたり、複数個所詰まっていたりして、血管を拡げる風船治療(カテーテルによる治療)を行うよりも、外科的に冠動脈バイパス術を行ったほうが良いと判断され、手術を受けた、という治療の流れになります。
血液透析科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2 なし 18 2.39 3.40 0.00 71.56
 当科では主に慢性腎不全に対する血液透析に関連した患者さんを診療しています。
 平成27年度のDPCコードでの集計で、最も多かった治療として、手術・処置の合併症となっています。これは、治療に際して合併症を起こす症例が多かったということではありません。具体的には、血液透析を受けておられる患者さんは、シャント(血液透析を行うために、動脈と静脈を連絡(繋ぐこと)して静脈を膨らませ、太い針を刺せるようにするためのもので、前腕などに外科的手術によって作成される)を持っています。そのシャントが何らかの原因(動脈硬化によって血管が細く脆くなることや、血圧の低下によりシャント血流の低下が起こることなどが原因)で閉塞、詰まってしまうことがあります。それをまた元通りの血流が得られるように、カテーテルによる風船治療を行います。その場合の入院傷病名が、透析シャント狭窄・閉塞となり、これが手術・処置等の合併症に区分されます。ですので、当科における、DPCコード別にみた患者数の多い治療は、シャント狭窄・閉塞へのカテーテル治療ということです。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌
乳癌
肺癌
肝癌
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
集計対象となる患者数(10人以上)に満たない結果となっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0
重症度 1 22 22.36 80.14
重症度 2 14 23.50 85.00
重症度 3
重症度 4
重症度 5
不明
 まず、重症度の定義について確認します。
 市中肺炎とは、「在宅で通常の社会生活をおくっている人に発症する肺炎」です。
 重症度は下記に該当した数を合計した数字で、該当が多ければ重症度の高い肺炎ということになります。
  ・男性70歳以上、女性75歳以上
  ・BUN21mg/dL以上または脱水あり
  ・SpO2≦90%(PaO2 60Torr以下)
  ・意識障害あり
  ・収縮期血圧 90mmHg以下
 当院の平成27年度の集計結果としては、重症度の1項目又は2項目に該当した患者さんがほとんどで、その他の項目は10件未満で集計の対象外としており、比較的重症度の低い患者を受け入れているという結果となっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
集計対象となる患者数(10人以上)に満たない結果となっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 158 2.34 4.81 1.27 69.35
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 55 0.20 8.46 0.00 67.13
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 46 3.11 9.00 2.17 78.26
 当科では、虚血性心疾患(急性心筋梗塞、狭心症など)対して経皮的冠動脈冠動脈ステント留置(又は形成)術を、不整脈(心房細動、上室頻拍、洞不全症候群、房室ブロックなど)に対してペースメーカー移植術や経皮的カテーテル心筋焼灼術などを、動脈閉塞・狭窄症(下肢閉塞性動脈硬化症、腎動脈狭窄など)に対して四肢の血管拡張術、経皮的腎血管拡張術など行っています。
 平成27年度の集計結果について、虚血性心疾患に対するカテーテル治療が最も多く、次に徐脈性不整脈に対するペースメーカー移植術となっています。
 経皮的冠動脈ステント留置術が最も多く、一番目に「その他の場合」、2番目に「不安定狭心症に対するもの」となっています。経皮的冠動脈ステント留置術は、「急性心筋梗塞に対するもの」、「不安定狭心症に対するもの」、それ以外の「その他の場合」に手技が分かれています。最も集計上多かった「その他の場合」は、主に待機的手術で、予定入院(予め外来などで入院日を決めてこと)後1日~2日で実施される場合が多くなります。2番目の「不安定狭心症に対するもの」は、平均術前日数が0.2日となっていることからもわかるように、緊急的に手術を行う必要のある症状の進んだ狭心症に対して実施されます。当院の特色の一つである急性期の虚血性心疾患への対応ができていることが数字として示せています。


心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上のもの) 21 8.81 28.10 4.76 65.43
K5551 弁置換術(1弁のもの) 11 10.55 27.36 0.00 70.82
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)) 10 4.20 20.30 0.00 72.50
 当科では、自院の循環器内科で外科的治療の適応と判断され患者さんを主として、同じように他院で外科的治療の適応と判断された患者さんの治療を行っています。
 虚血性心疾患(急性心筋梗塞、狭心症など)に対する冠動脈バイパス術、心臓弁膜症(僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症・閉鎖不全症など)に対する弁置換(形成)術、動脈瘤・閉塞症(胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、下肢閉塞性動脈硬化症、ルリッシュ症候群など)に対する人工血管置換術などの外科的手術を行っています。
 平成27年度の集計について、冠動脈バイパス術、弁置換術、大動脈瘤切除術(腹部大動脈瘤)の順で虚血性心疾患に対する治療が最も多くなっています。
 冠動脈バイパス術と弁置換術は、いわゆる開心術と呼ばれる外科手術で、胸部を切り開き、直視下に心臓手術を行うものです。カテーテル治療に比べると体への負担が大きく、入院期間は1月前後で術後3~4週間の入院が必要となっており、昨年度の集計では術後日数は平均約28日となっています。同じく、大動脈瘤切除術(腹部大動脈瘤)は3~4週間の入院期間で、術後平均して3週間未満程度で退院しています。基本的に術後のリハビリテーションも含めて当院で行っていますが、長期的にリハビリ等が必要な患者さんについては療養型の病院へ転院される場合もあります。
血液透析科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 20 0.05 2.00 0.00 71.85
 当科は基本的に、慢性腎不全患者における維持期の血液透析を行っています。手術については、唯一、シャント関連(透析シャント狭窄・閉塞へのカテーテル治療、新規透析シャント作成など)の手術を実施しています。
 シャントへのカテーテル治療(経皮的シャント拡張術・血栓除去術)は、約2日程度の入院期間で、日々の維持透析で、シャント血流が低下した場合、カテーテル治療を行う循環器内科と連携し、即日カテーテル治療が可能な体制をとっています。また、カテーテル治療が難しい場合であっても、心臓血管外科と連携し、外科手術で治療できるようにもしており、内科と外科の両面で当院のみで治療が完結するような体制をとっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 24 2.11
異なる
 播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症の項目については、10件未満の集計結果となったため掲載しておりませんが、敗血症で2件のみとなっていました。
 集計結果の項目に、入院契機とあり、同一又は異なるとあります。これは、その疾患で入院してきて一貫してその疾患の治療だったか、それとも入院のきっかけとなった疾患と、最終的に主に治療した疾患とが異なるかという同一性の項目です。
 手術・処置等の合併症であがっている症例は、すべて、透析シャント狭窄(又は閉塞)に対するカテーテル治療又は外科的治療をおこなったものです。詳細は、診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)の血液透析科のところに記載しておりますが、透析シャントを作成して血液透析を受けておられる場合、どうしても起きてしまう合併症の一つです。
更新履歴
2016-09-30
平成27年度病院指標公開